持続化給付金のデメリットは?

コロナ禍で収入が激減した事業者の方には
大変ありがたい持続化給付金ですが、
これをもらうことでデメリットになることはあるのでしょうか?

それは持続化給付金は課税対象となるということです。

どうして持続化給付金が課税対象になるかというと、
持続化給付金は、事業者の収入が減少したことに対する補償や、支払賃金などの必要経費に算入すべき支出の
補てんを目的として支給されるものであり、税法で事業所得などに分類されるからとのこと。

つまり、

今回貰った個人事業主の方がもらう100万円は事業収入ということで、
確定申告の際はこの額を含めなければいけないということです。

※ただし、結果的に2020年の利益がマイナスになった場合は税金がかかりません。

実はあまりコロナが売り上げに影響していなくて、
たまたまラッキーで給付要件を満たしていて100万円ゲットしてしまった方は
来年の税金や保険料が増えることとなるでしょう(笑)